ロバート・デ・ニーロが人気♪レナード

何度観ても、良い映画です。何度見ても飽きません。感動の名作品です、是非観てみてください。

こちらです!

2017年06月17日 ランキング上位商品↑

レナード ロバート・デ・ニーロレナードの朝 [ ロバート・デ・ニーロ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

(^人^)数年に一度見たくなるので3回レンタルした後、ついに購入しました。。患者たちは脳炎を起こした時から「凍りついたまま」眠り続けている。(500円セールを)知らなきゃ良かったです。映画のストーリーが実話をベースにしているのが同時に購入した「アポロ13」と同じで感動に拍車をかけてくれます。素晴らしい映画です。程度の差はあるが!患者たちは目覚めて回復していく。実話らしいです。興味のある方はご覧になって下さい。記憶は脳炎発生時で停止、身体も動かない、しかし年齢は重ね肉体は老いてゆく。特に!精神医療に関わる方には!是非!お薦め致します。そして副作用は日増しに強くなり新薬は効かなくなっていく・・・。病院では脳炎患者全員に新薬投与を決定。ところが、医師はレナードに薬の副作用が出ていることに気づく。病気を正面からとりくむ医師と患者との関係は“奇跡と言える期間”が終わるまで共闘であったのに!人は「健康と思われるようになれば(実際は)病気であることを忘れる」という事を教えてくれる良い作品だと思います。デニーロとロビンウィリアムスに拍手!場所は脳炎患者専門病院。キャストが好きだったので ただ見たのが最初でした。日本と違い!アメリカの精神科医は!必要と考える時には!個人的な付き合いもします。新薬の投与を続け、ついにレナードは思考も身体も「正常な」人間と変わらないまでに回復。人間の生命力や医師と患者の描写が素晴らしいです。後半は観ているのがつらくなっていく映画です。そんななかで医師が少年時に脳炎を起こして「凍結」してしまったレナードに新薬を投与!ついにレナードは30年の眠りから「目覚め」ます。古い映画ですが!面白かったです。とても大好きな映画です。フィクションの良い映画です。医学生!研修医には是非!観てもらいたい映画です。そういう場面も出てきます。ただ!同じショップでこの作品が届いた翌週に500円のセール(ほぼ半額)がになっていたのが残念に思っています。 本当に見て良かった映画でしたこれは、アメリカの精神科医の著書に依るノンフィクションで、古ーい映画です。植物人間の様になってしまった患者を!薬品で一時的に動けるところ迄の実験は成功するのですが!その後の維持が難しく!完全な治療にはならなかった実際の話です。ロバート・デニーロが主な患者の役を演じています。